ダンディズムコレクションを見たり

一番理想の大人の形というのは、やっぱりいくつになってもかっこよかったり、きれいだったりすることなのだと思っている。
しかし、今の私がそれに合致するような生活を送れているかといえば、決してそんなことはないと思っている。
もっとかっこいい大人になりたいという気持ちはあっても、それをその通りに実行できるだけの自分自身の中の土壌が出来上がっていないという気持ちだ。
かっこいい大人というのはなんなんだろう、と思いつつ、ダンディズムコレクションのホームページを見たりなんかして、いろいろと考えを巡らせている。
本当はもっといい方法があるのかもわからないけれど、今の自分にとっては、やっぱりこうして形から入っていくのが一番なのだろうなと考える。
せめて見た目の服装はきれいでかっこよくして、そこから内面を磨いていけるような流れが一番いいなあと考えているところである。
そうそう物事が頭の中で考えたとおりに進まないことも知ってはいるのだけれど、何事もやってみなければ始まらないということもまた事実だからだ。
とりあえずやってみることが大事だ。