確定申告って結局何をどうするの?

確定申告の時期が近づいてくると、テレビなどでタレントさんが「確定申告しました~!」などCMやニュースをやるようになりますよね。
でも実際「確定申告は誰が必要で何をするのか」がよくわからなかったりしませんか?
確定申告は個人の場合は1月1日から12月31日の1年間の所得にかかる税金を計算して、納税するための手続きになります。
1年分の所得にかかる税金の計算ができたら、次の年の2月16日から3月15日までに管轄の税務署に申告と納税をします。
また、納める税金がなくても確定申告をすることで税金が還付されたりするケースもあります。
確定申告が必要になるのは配当や不動産所得があった人、個人事業主(事業所得)、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得、雑所得、そして給与所得があるサラリーマンでも確定申告が必要になることもあります。
確定申告しなければならない人がしなかった場合には罰金(税金を追加される)がありますので、自分が確定申告をしなければならないかについてはきちんと判断が必要です。
いずれにせよ、わからなければ税務署に聞いてみるのが一番でしょう。
確定申告の時期なら特設窓口もあるので、利用してみるのもおすすめです。