サラリーマンでも確定申告しなければならないケース

サラリーマンと確定申告は関係ないと思っている方は多くいますが、実際にはサラリーマンでも確定申告を行なうケースもあります。
まず1つ目のケースは、給与所得が年間2,000万円を超える会社員は、確定申告をしなければならないと法令で定められています。
もちろん年間の給与が2,000万円を超える方は、あまり多くないかもしれませんが、給与が多い方は注意するようにしましょう。
知らないうちに脱税になってしまったなんてことがないように、会社とよく相談するようにしましょう。

またサラリーマンが確定申告をしなければならないケースとしては、2箇所以上の場所から給与をもらっているというケースです。
つまり正規の会社員として働きながら、さらにもう一箇所以上で仕事をしているという形です。
このような時は、正規ではない方の給与がどれくらいなのかを調べるようにしてください。
2箇所目の会社からの給与が20万円を超える場合は、その会社の確定申告を行わなければなりません。
これも法律によって定められているので、確定申告をしないなら法律違反となってしまいます。